Top >  クレジットカード関連読本 >  「女性のための」一人でステイする海外マニュアル

「女性のための」一人でステイする海外マニュアル

「女性のための」一人でステイする海外マニュアル
井村 祥恵
「女性のための」一人でステイする海外マニュアル
定価: ¥ 1,050
販売価格: ¥ 1,050
人気ランキング: 178668位
おすすめ度:
発売日: 2007-12-01
発売元: 静岡学術出版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
「女性のための」一人でステイする海外マニュアルの詳細を見る

「女性のための」一人でステイする海外マニュアルはわかりやすい本ですよ。人それぞれ、わかりやすい基準は違うかもしれませんが、私はこういう本にはなかなかめぐり合えないと思います。
「女性のための」一人でステイする海外マニュアルはこう見えても、これ1冊で欲しいところは全部間に合いそうな本なんです。他の本を読んでがっかりしていた方にもきっと満足いただける本だと思います。

「女性のための」一人でステイする海外マニュアルは読んでいただければお分かりになると思いますが、必要なところがみんな載っている本だと思います。知りたいことではなくて、知らなければならないところですね。

私たちは専門になるわけではないので「女性のための」一人でステイする海外マニュアルのような本が合うのではないでしょうか?

「女性のための」一人でステイする海外マニュアルを読んでみられるとあなたは元になる知識をしっかり分かることになると思います。

「女性のための」一人でステイする海外マニュアルは自分の場合はこうなんじゃないかな?と応用の利く大切な部分がわかる本なんですね。やはりみんなそれぞれ違うのでココのところが大切ですよね。

だから、「女性のための」一人でステイする海外マニュアルを私はオススメします。あなたの生活に「女性のための」一人でステイする海外マニュアルはきっとお役に立つ1冊になることでしょう。

メリットばかりが少し不安ですが
留学を予定している人や、
漠然と留学したいなあと考えている人、
また、少し変わった海外旅行がしたいと
考えている人には、
肩を押してくれるいい本ではないでしょうか。

必要な情報が、コンパクトにまとまっており、
何をすべきなのかがよくわかります。

私としては、1週間の休みで
語学留学が可能であるというのが
うれしい情報でした。

ただ、一つ言えるのが、
著者が海外一人旅のメリットをあげ、
危ないところに行かなければ
まず安全だ、自分の身は自分で守ろうと、
誰もが不安を抱くであろうところについて、
当たり前のことしか述べていないのが気になります。

また、ある程度の語学力はあった方がいいの、
「ある程度」とはどれぐらいなのか、など、
曖昧な表現がいくつか気になりました。

しかし、情報として、最低限度のものは
抑えてありますし、あとは、自分でも必要なことは
調べられると思います。

そういう意味では、第一歩を踏みだす
きっかけになるいい本ではないでしょうか。


目からウロコ
留学=海外の大学へ進学とか、語学留学でも長期でしかいけないものだという概念を覆す本でした。
1週間で語学研修以外にも好きなことが出来る、一人旅でホテル以外に宿(ホームスティ)があるなんて考えたこともありませんでした。
海外パッケージツアーで泊まるホテルも食事も味気なくて、外国に来たというリアルな感動を伝えることが出来ないことをいつももどかく思っていました。
次回、海外へ行くときにはこの本がオススメしているようにホームスティをしたいと思います。
英語ができなくてもホームスティならホストファミリーもいるしなんとかなりそうです(笑
一人旅だけじゃなく、著者の方を始め短期留学や長期留学の体験談もあり、楽しいところだけじゃなくて失敗談も結構あったので、こちらも参考になりました。

「女性のための」一人でステイする海外マニュアルの詳細を見る

 <  前の記事 誰も教えてくれなかった クレジット・サラ金で困ったとき必ず役立つ本  |  トップページ  |  次の記事 弁護士が教える借金解決マニュアル  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/5015

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「クレジットカード関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。