Top >  クレジットカード関連読本 >  クレジット〈2003年度版〉

クレジット〈2003年度版〉

BODY:
クレジット〈2003年度版〉
増渕 正明
クレジット〈2003年度版〉
定価: ¥ 1,365
販売価格:
人気ランキング: 790917位
おすすめ度:
発売日: 2001-10
発売元: 実務教育出版
発送可能時期:
クレジット〈2003年度版〉の詳細を見る

昔は全然本とか読まない人だった私ですが、最近ようやく読書の楽しみがわかってきたような気がします。ジャンルは特に気にしないで色んな本を読んでますね。今読んでいるのは「クレジット〈2003年度版〉」。

本ってオモシロイですよね。「クレジット〈2003年度版〉」みたいに、特に今の自分と関係ないジャンルの本でも「へぇ~~」って新たな気付きが得られたりして^^!

そう言えば兄が、この「クレジット〈2003年度版〉」を読み終わったら貸して欲しいって言ってたけど、こーゆうの興味あるのか~~とチョット複雑な気分です。ま、いいけど・・・。

オリエントコーポレーションのカード本部主席調査役を務めた著者が、インターネットや携帯電話の普及により大きく変わりつつあるクレジット業界の現状を、仕事内容、就職アプローチ方法も含めて紹介したガイドブックである。 日本経済新聞社の調査で、20世紀に登場し普及した商品・サービスのうち、「ライフスタイルを大きく変えたもの」で「クレジットカード」がベスト10入りしている。しかし、商品購入の分割払いやキャッシングなどで利用した経験があっても、しくみは意外とわかりにくい。 そこで本書は、業界の基礎知識からクレジット商品、顧客サービス、システムなどの現状と課題を、基本的な事柄を中心に紹介。「異業種からのクレジット業務参入」「携帯電話がクレジット会社を変える?」といった最新事情にも詳しく触れている。また、取扱高、市場規模の推移、カード発行枚数、採用実績、待遇と労働環境、各社のプロフィールなどをもとに主要企業を徹底比較した注目のデータも掲載されている。特に付録の第6章「資料編」は充実しており、大手信販5社の業績・損益比較、銀行系カード会社・流通系クレジット会社のランキングなどは企業研究に欠かせない資料となるだろう。 就職活動生にはもちろん、業界動向に関心のある人、ビジネスに役立ててみたい人にも有用な1冊である。(依田泰典)

クレジットの感想
内容は体系的に整理されており、入門書としてはわかりやすい部類だとおもいます。ただ関連企業の解説が簡単なため企業風土などの掘り下げた視点があれば良かったと思います。

クレジット〈2003年度版〉の詳細を見る

 <  前の記事 徹底図解 自己破産のすべてがわかる本―瀬戸際までとことん追い込まれたときに、人生をもう一度やり直せる道がある  |  トップページ  |  次の記事 実践!ナニワ金融道+α 1発目 クレジットカード編  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/14565

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「クレジットカード関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。