Top >  クレジットカード関連 >  クレジットカードの「格差」とは

クレジットカードの「格差」とは

クレジットカードの世界でも「格差」というものがあります。
使用頻度や信用力といったものでランク付けされている「格差」。
この格差の違いのクレジットカードは使い方の違いというものはありません。
ですが、お金持ち用のクレジットカードと普通の人用のクレジットカードといったところでしょうか。
「普通の人」用のクレジットカードとは私たちが持っている「一般的」なクレジットカードです。
その上に「ゴールドカード」というものがあるのはご存知ですよね。
30代以上で年収500万円以上で年間の決済が200万円以上である人が持つことが出来るのがこの「ゴールドカード」なのです。
この年収500万円以上で年間の決済が200万円以上で30代という「条件」を満たしていなければ、ゴールドカードは持つことが出来ないのです。
一般のクレジットカードと違うところは、この「条件」があることと年会費無料の場合が多いのですが、ゴールドカードは6000円~25000円の年会費というものが必要となるのです。

 <  前の記事 クレジットカードの格差とは  |  トップページ  |  次の記事 ゴールドカードを手に入れる条件とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15935

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「クレジットカード~上手な使い方~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。