Top >  クレジットカードについて >  現金とクレジットカード、どちらがお得?

現金とクレジットカード、どちらがお得?

販売店がカード決済手数料を支払わないといけない場合の販売価格の設定はあなただったらどのようにしますか?
商品を買いにきた人は全員がクレジットカードで支払いをするというわけではないと思います。
ですが、クレジットカードで商品を購入した場合、カード決済手数料は販売店である自分が負担しないといけないのです。
となると、現金で買ってもカードで購入しても販売店である自分が損をしないように、カード決済手数料が含まれた金額で販売価格を設定するのではないでしょうか?
この逆を考えると、購入者はカード決済手数料が含まれた金額であるならば現金で購入するよりはクレジットカードを使用した方が得のような気がしますね。
現金で購入するよりはクレジットカードを使用して購入すればポイントも加算されます。
そして、付帯サービスに商品に対しての保険がついているクレジットカードであれば、購入した商品も補償されます。

 <  前の記事 販売店である場合は  |  トップページ  |  次の記事 クレジットカードのお得なポイントは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/5379

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「クレジットカード~上手な使い方~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。