Top >  クレジットカードについて >  販売店である場合は

販売店である場合は

クレジットカード会社は販売店に対して、購入者にカード決済手数料を負担させることは禁止しています。
もし、この禁止事項を破った場合はペナルティがかせられるのです。
このペナルティとは、購入者にカード決済手数料を負担させていると言うことが発覚した後から決済業務は一切できなくなってしまうのです。
ですが、ネオン街のお店とか風俗店などではクレジットカードを使うとしっかりカード決済手数料を取られます。
カード決済手数料は普通は10%ですが、こういった怪しげなお店では30%上乗せされたカード決済手数料であったりするのです。
これはカード決済手数料という名のぼったくりですね。
それでは、カード決済手数料を支払わないといけない販売店であった場合の販売価格とはどうなっていると思いますか?
あなたがもし販売店であるなら、カード決済手数料を含んだ金額を設定するのではないかと思います。

 <  前の記事 購入者にカード決済手数料を支払わせた場合は  |  トップページ  |  次の記事 現金とクレジットカード、どちらがお得?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/5378

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「クレジットカード~上手な使い方~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。