Top >  クレジットカードについて >  薄利多売とは

薄利多売とは

クレジットカード会社はカード決済手数料というお金を得る商売をしています。
ですが、現金で買い物をしてもカードで買い物をしても料金は変わりませんよね。
それならば、このカード決済手数料はどこから発生するのか・・・
それは、クレジットカードを使って買い物をしたお客さんが発生した場合に販売店からクレジットカード会社にカード決済手数料と言うものを支払っているのです。
クレジットカードを使ったお客さんが発生すればこのカード決済手数料をカード会社に支払わないといけない・・・そのカード決済手数料分だけ販売店は損をしてるということだと言えます。
この頃は薄利多売のお店が多くなりました。
この薄利多売とは品物一つの利益を少なくして大量に販売することで全体的な利益を多くする。
これを行っているのは小売店と呼ばれるところです。
しいてあげるなら100円ショップやディスカウントショップといったところでしょうか。
こういったお店はクレジットカードでの支払いは受け付けていないところが多いですよね。
それは、クレジットカードを使用するお客さんが発生した場合カード決済手数料が発生するからなのです。

 <  前の記事 カード決済手数料とは  |  トップページ  |  次の記事 購入者にカード決済手数料を支払わせた場合は  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/5376

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「クレジットカード~上手な使い方~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。