Top >  クレジットカードについて >  なぜ、海外ではクレジットカードが主流なのか?

なぜ、海外ではクレジットカードが主流なのか?

前回、クレジットカードは海外では普段の生活に浸透していると紹介しました。
なぜ、海外・・・主に欧米諸国ではクレジットカードが普段の生活に浸透しているのか・・・
それは、欧米諸国では支払いに小切手を使用するという古い習慣があるからなのです。
欧米諸国では小切手が使える人=信用できる人という証明ができるということだったのです。
それはクレジットカードでも同じ意味(=信用できる人)をなすということで、海外ではクレジットカードを持てる人は信用できる人という証拠なのだそうです。
ですので、海外では日本人でも出張・旅行に行く際はクレジットカードが必需品になるのです。
日本人の考えとしては、別に現金で買い物してもいいんじゃないか?と思いますよね。
ですが、海外では買い物であってもたまに支払いはクレジットカードのみというところもあるのです。

 <  前の記事 海外では当たり前のクレジットカード!?  |  トップページ  |  次の記事 クレジットカードと小切手  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/5136

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「クレジットカード~上手な使い方~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。